NEWS

お知らせ

福井市立明新小学校 キャリア教育授業の講師として参加

キャリア教育とは卒業を目前に控えた6年生を対象に、地域の大人が講師となることで、職業について直接学び考え、子どもたち自身が未来を考える機会を作る学習のことです。
設計するための7つ道具、実際に作成した模型を見てもらいながら設計のプロセスのこと、竣工した建物の特徴や苦労したことなどをスライドを使って紹介。建築は様々な条件の中デザインされ、強用美のバランスが大切だということをお話ししました。さらに、設計する建物のことだけでなく、街、地域、社会のステージでも価値あるデザインを目指していることもお話しさせていただきました。